efoの初歩的なやり方を覚えよう!


サイトを運営していて、efoという言葉を聞いたことがあるという人も多いことでしょう。特にネット販売のサイトを運営しているのなら、見逃すことのできない用語です。しかし、言葉を知っていても、実際どのようなことなのか理解していないこともあるものです。

そこでこの記事では、efoの意味することや、初歩的な考え方、やり方についてご紹介します。


efoの意味について知っておこう!

Efoとは、entry form optimizationを短縮した言葉です。Efoの意味するものは、入力フォームの最適化ということです。ネット販売のサイトや、各種サービスサイトを運営しているのなら、入力フォームを設置することがありますよね。

ネットで商売やサービス行為をしている場合、まず自分のサイトを訪れて貰うことが、大変であり大事です。訪問者がサイトを読み、内容に興味をもってサービスに申し込む際に、入力フォームに各種情報を入力して貰う必要があります。

サイトの訪問者を入力フォームまで誘導することは簡単ではありません。訪問者が最後まで興味を失わないようなサイトの構成にしないと、簡単に離脱されてしまいます。そしてようやく入力フォームに入力をするとなった時に、そこでサイトから離脱してしまうことがあります。

入力までいって離脱されてしまう場合には、入力フォームに問題があることが多いのです。そのため、入力時に離脱されないように、入力をし易くする必要が出てきます。

Efoとは、そういった入力フォームの最適化のことを表しています。まず入力フォームのどこに問題があったのかを確認し、それに合った対策を取らなければなりません。なぜなら、各種情報を入力して貰えなければ、サイトの所定の目標に達することができないからです。


入力時に離脱されてしまう入力フォームの特徴とは

サイトを訪問をして貰ったのに、入力時に離脱されてしまうことが多い場合には、入力フォームに問題があることが多いのです。そして、そういた入力フォームにはある程度の共通点が見られます。たとえば、入力する項目が多いとか、せっかく入力して貰ったのに間違いを直そうとするとリセットされてしまうとか、似たような問題を抱えている入力フォームが目立つのです。

ではどんな問題があるのか、箇条書きにしてみましょう。・入力フォームの項目が多すぎる・入力フォームが長すぎる・必須項目がある場合、どの項目が必須か分かりにくい・入力の間違いの修正方法が分かりにくい・半角や全角の指示が分かりにくい

入力フォームにこのような問題があると、入力完了まで至らずに離脱されてしまいます。そのため、自分のサイトの入力フォームをチェックして、問題を解決する必要が生じます。

もしサイトを訪問している人の数が多いのに、なかなか入力までいかないのなら、別の問題があるのかもしれません。

たとえば入力フォームへの誘導がしっかりしていないとしたら、入力どころの話ではなくなります。

一度訪問者の視点に立って、サイトを眺めてみることも大事です。

基本的なefoのやりかたはこう!

ではここで、基本的なefoのやり方を見てみましょう。まず、入力フォームには余計なものを置かないようにしましょう。具体的には、トップページへ戻るボタンや他のページへのリンクがそれにあたります。入力中に少し疲れると、そういったリンクが目に入ることがあります。

そうすると、容易く離脱されてしまうことになるのです。訪問者の利便性を考えて設置したものが、逆効果になってしまいます。特に、下の方にリンクを設置していたのなら、即座に取り除くのが賢明です。入力項目が多いと、入力フォーム自体が長くなってしまいます。

ネットサーフィンしている人達はせっかちになりがちなので、長い入力フォームを見たとたんに離脱する可能性があります。そのため入力して貰う項目は、必要最低限にするのが大事です。特に必要が無いと考えられるのが、各種のアンケートです。

任意のアンケートであったとしても、その存在そのものが邪魔になることがあるのです。入力フォームをすっきりさせるためにも、余分なアンケートは置かないようにしましょう。次に大事なのが、数字の入力を半角か全角か、どちらにするかという点です。

数字を入れる時に、わざわざ切り替えるのはとても億劫なものです。どちらを入力しても、自動的に半角になるように設定しておきましょう。

訪問者の数やアクションを知りたいならこの方法で!

サイトの訪問者の数や、行動を把握しておくことはとても重要です。なぜなら、訪問者の行動が見えなければ、サイトのどこに問題があるのかが分からないからです。トライ&エラーで1個1個潰していく方法もありますが、あまりにも時間がかかります、スピード勝負の現代では、そんな悠長なことをしている暇はありません。

そこで登場するのが「Googleアナリティクス」です。Googleアナリティクスは無料のツールですが、機能的には十分です。登録するには、Googleアカウントが必要になります。もしGoogleアカウントが無いのなら、Googleのサイトで作成しましょう。

Googleアカウントを作成したら、Googleマーケティングプラットフォームというサイトに移動します。そうすると右上に「無料で利用する」というボタンがあるのでクリックします。後は指示通りに各種情報を入力すれば、Googleアナリティクスを使えるようになります。

Googleアナリティクスで確認することができるものは、サイト訪問者の概要や時間別訪問者数、リアルタイムでの訪問者の動向などです。また、サイトへの流入経路もとても参考になります。また、直帰率を知ることもできます。

特にサイトでは直帰率が大事になるので、トップページだけを見て離脱されないよう、サイトの構成も工夫しましょう。

efoツールとはどんなツール?

Efoを行う場合、専門家に依頼をするという方法がおすすめです。なぜならネットに関する技術の変化はとても速いので、最新の方法をとるには専門的な知識が必要になるからです。毎日同じようなサイトが誕生している現代では、他のサイトに後れを取るわけにはいきません。

そのため、費用はかかりますが専門家に任せるのが一番効率的で効果的になります。しかし、予算的にどうしても無理だという場合には、efoツールを使用するとよいでしょう。

Efoツールとは、サイトの訪問者が情報入力時に離脱することを、簡単な操作で防ぐことができるツールです。

主な機能としては、「入力支援機能」と、「レポート分析」があります。このうち入力支援機能は、訪問者の入力を手助けしてくれるので訪問者のストレスが軽減されます。また、レポート分析を参照することによって、どの項目の入力が多いのか、離脱がどれくらいあるのかを知ることができます。

こうしたツールには数多くの種類があるので、自分に合ったツールを見つけることが大事です。ツールの使用料も違うので、機能と料金のバランスを考えながら選びましょう。

efoをすることのメリットと、その導入価格